寺院案内

魚籃寺

魚籃寺

魚籃寺について

当山は浄土宗「三田山水月院魚籃寺」と申します。
魚籃寺という寺号は、ご本尊として、おまつり申し上げている「魚籃観世音菩薩」のお名に因んで名付けられたものです。寺の前の坂は、魚籃坂と申します。当山が、坂の中途にあるので名付けられた地名です。
また、江戸三十三観音札所の第二十五番目に位置いており、多数の方々のご参詣がございます。

当山の開山称譽上人の師僧に当たる、法譽上人は御尊像を豊前の中津に魚籃院を建て奉安しましたが、御利益を広く世に伝えようと思い立てられ、御尊像を江戸に移し、寛永七年(1630年)庚午(かのえうま)の年に江戸の三田の地(浄土宗 願海寺境内)に小さい庵を作っておまつりいたしました。
その後、法譽上人のお弟子の称譽上人が承慶元年(1652年)徳川四代将軍家綱が将軍になった年に、現在の地に観音堂を建てて、三田山魚籃寺を創建して永らく当地に御安置し、現在に至っております。
魚籃観音菩薩は秘仏ですので普段は本堂内の御厨子に御安置し、一年に一度、五月の第二土曜日の「大施餓鬼法要会」の時のみ、御開帳しております。一般の方々もご参詣できます。
魚籃寺境内には水子地蔵、塩地蔵、薬師如来、馬頭観世音菩薩も御安置しております。

水子地蔵尊

母親の胎内で流産した胎児や、そのほか色々な事情により流れた胎児に救いを与える仏様。

塩地蔵尊

その昔、高輪の海中から出土されたお地蔵様。願をかけ、その願いが叶ったら、御礼にお塩を供えて感謝御礼いたします。

薬師如来

医王として人びとの病気を癒し、諸々の苦悩を救う仏様。

馬頭観世音菩薩

六観音の一尊。「馬頭」という御名から畜生(動物)を救う観音様としてペット全般をお救いくださる仏様。

寺院案内

寺院名宗教法人魚籃寺
住所 〒108-0073 東京都港区三田4-8-34
TEL 03-3451-5677 03-3451-5677
住職 山田 智之
開創 366年

アクセス

都営三田線 白金高輪駅 徒歩7分